摂食障害のストレスケア

10863707_1549238628652399_162623273_n.jpg

拒食症では、食事量が減る、低カロリーのものしか食べないことから体重が極端に減る、やせて生理がこなくなるといった症状があります。

過食症は、いったん食べ始めるとやめられない、大量にむちゃ食いしては吐く(過食嘔吐)、食べすぎたことを後悔し、憂うつになるなどの症状がみられます。

拒食症から過食症になることもあります。また、拒食期と過食期を繰り返す人もいます。また、食事を口の中で噛んで吐く(チューイング)がある人もいます。

また過食症は、見た目は標準体重のことが多く、真夜中など人のいない時に大量に食べては吐く行為がやめられなかったり、

食べた後に憂鬱になったり、下剤乱用や自己誘発嘔吐が見られる場合は過食症の疑いがあります。

10代では成熟することへの不安から、拒食症が多く、20代~は過食、過食嘔吐が多く見られます。

こうした極端な摂食行動の異常が現れるのは、背景に「太りたくない、やせたい」という体重への極端なこだわりや、「自分は太っている・醜い→自分には価値がない」という思いこみなどの心理的背景があります。

とくに若い女性の場合は、「やせていることが美しい」という社会的価値観も影響します。また、子どもの頃の辛い経験や、親や周囲の人間から体重や体型のことを「みっともない」と言われた、という経験も摂食障害のひきがねになります。

 

習慣の問題は、行動からのアプローチも必要で、改善にある程度の時間がかかる場合もあります。

また、ストレスに対する耐性が弱いと、ストレスのはけ口が「食」に出がちです

大阪ストレスケア専門ルームでは、この過度なストレスの原因となる思考パターンにアプローチし、 ストレスをストレスと感じない思考パターンを身につけていきます。

また、思考の源である潜在意識にアプローチすることでより効果的な改善が見られます。

食行動自体を扱うというより 、自律神経を整え、心と体のバランスを調整しながら「異常な食行動につながるストレスをケアしていく」という考えです。

また、ご自身でもストレスケアが出来るようにプログラムを組んでいきます。 まず心が軽くなることで、食に現れていた症状の軽減を目指します。

関連記事

  1. EFT用 社会不安障害のストレスケア
  2. うつ症状のストレスケア

Facebook

PAGE TOP